Kenei's Report

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂糖たっぷりジュースで体がだるくなる!

<<   作成日時 : 2011/05/21 23:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

輸入飲料を通販で買ってみたのだが、ひとつ気になる点を発見。

表示で気になるのが砂糖のグラム表示。
画像

左のは29gもある(ライチジュース)。右は3gなのでまあ少ない方(ココナッツ飲料)。
日本の飲料にはいちいち何グラムとは表記されないため、あまり気にならなかったが、こうして表示されているとついつい調べたくなってくる。

ではどれくらいの砂糖が入っているとやばいのか。

wikipediaで調べてみた。
WHO/FAOは、レポート『慢性疾患を予防する食事・栄養素』(Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases WHO/FAO 2002年)において慢性疾患と高カロリー食の関連を指摘し、将来、食事中の総熱量(総カロリー)に占める糖類の熱量を10%以下にすることを推奨している [7][8]。なお、日本人の食事摂取基準(2005年版)推定エネルギー必要量の10%を糖類をすべて砂糖に換算した場合、成人で約50―70g程度の量(3gスティックシュガーで17―23本分)に相当する。


一方で、砂糖は料理に使われている砂糖の量も含め成人1日20gまでが適量という説もあり、定かではない。20gが適量なら、大多数の日本人は砂糖取得料は軽々オーバーしていることになる。

日本の清涼飲料類にはいちいち砂糖何gとかは書いていないが、たっぷり糖分と環境ホルモンで危険がいっぱいなのは、もはや周知の事実。甘いジュース毎日必ず1本飲めば、だいたい調子が悪くなるはずだ。

ぐぐってみたところ、いつもスポーツ飲料ばかり飲んでいた人がそれをスパッとやめたら、一気に慢性的な体のだるさが取れたという。

我々は砂糖取りすぎなんです・・・

日本の飲料メーカーは海外のようにきちんと成分表示せんかい!

ビジネスヒント:通常、顧客は製品の中身まではチェックできない。もし成分表を細部まで表示した通販サイトがあれば、そこに強固なリピーターが生まれると思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

砂糖たっぷりジュースで体がだるくなる! Kenei's Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる