Kenei's Report

アクセスカウンタ

zoom RSS お金はどう扱えばいいの?→雷地予4爻 楽しむ心が大事

<<   作成日時 : 2011/05/15 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お金はどう扱えばいいのか占ってみると、雷地予4爻が出た。

予は喜び、楽しみの意。しかもあらかじめ準備していたものが表れる喜びである。

手持ちの本には卦の象として次のように書かれてある。
「喜び楽しむ。予備。余裕。ゆとりある喜び。喜びの極。予め準備する。怠るなり。勢いに甘んじ怠け心が出る。」

お金は楽しく計画的に扱いましょうという大意がつかめる。ただ、お金があるからと言って怠け心が出て油断するといけない。

4爻は苦労が報われるよいとき。

楽しむ心がカギです。お金を得たり使ったりするときに苦しい心でいてはいけません・・・

これが本質。


易の示す原理はどこまでもシンプルだ。これまでずっと本質を外れた思い違いをしていたことに気づく。お金にこだわるとあってもなくても苦しいし、むしろお金がすっからかんになくなったときは案外せいせいしたりするものだ。

お金を物質的に金額でのみ見ると、たいてい苦しい思いにかられてしまう。
「なんだ、俺、これしか貯金ないのか・・・。」
「給料これだけもらってるけどあれこれ引くとこれしか残らないな・・」
「買いたいものがあるけど、お金がもっと増えてからにしないとな・・・・」

よく「世の中金じゃない」というが、金が通用する一面があるのは確かなこと。ただ、ある程度生活が成り立つようであれば、あとは心がけの方が大事になってくるのは間違いない。アメリカかどこかの調査で、年収何百万から上は幸福度に関係ないという話を見聞きしたこともある。

今後、日本人の給料ははっきりいってなかなか上がらないのが現実だ。というか統計ではかなり下がり続けている。こんな時代には心の余裕で金をサポートしてあげないと、本来感じられるべき喜びはすべて吹き飛んでしまうだろう。そもそも高度成長で金満になった時代の油断が、バブル崩壊を生んだのであった。

お金は楽しく計画的に、ゆとりある喜びを実感しながら扱うべきもの。

いつもケチではいけない。いつも豪放なのもいけない。前もって準備し、順を踏んで進めば物事はうまくいく。そのタイミング、タイミングで使うものだったのだ。

う〜ん、深い。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

お金はどう扱えばいいの?→雷地予4爻 楽しむ心が大事 Kenei's Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる