Kenei's Report

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリスにも行ってきた

<<   作成日時 : 2010/01/10 22:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

フランスの後にイギリスへ。

ピカデリーサーカスのエロス像。エロスは弓だけを持ち、矢を持たない。この「エロス」は本来、双子の弟アンテロスを意識して制作されたという。占星学における小惑星エロスには「活力と情熱」という意味がある。この像の風水的効果はどんなものか占うと雷火豊5爻が出た。同じような意味があると思う。
画像


レミゼラブルを観る。フランス革命が背景のようだ。日本で劇団四季を見て予習しないことにはわけわからん・・。真冬で風邪がはやっていて観客は咳をする人でいっぱい。風邪がうつりました。
画像


オックスフォード大学の食堂。映画ハリーポッターに出てくる食堂のモデルとなった。
画像


シェークスピアの生家。たった一人偉大な作家を輩出したことで、この小さな町に大勢の観光客が訪れるようになった。さぞかしシェークスピアもびっくりだろう。
画像


昔、大学の夏休みにロンドンに短期留学したときに通っていた語学学校の建物を見つけた!すかさずシャッター。懐かしいです。
画像


占星学の本場ロンドンで買った本。青い本「UNDERSTANDING THE FUTURE /LYN BIRLBECK著」には、2007年から2020年にかけて起こる天王星と冥王星のPlanet-Waveによる影響を紐解いています。すでに2008年後半のリーマンショックを契機として世界は苦しんでいるわけですが、そんなのは序の口というのでしょうか・・・。多くの人が2020年までに大転換の波に晒されることになりそうです。うまく乗り切らなくては・・。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

イギリスにも行ってきた Kenei's Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる