Kenei's Report

アクセスカウンタ

zoom RSS フランスに行ってきた(2)麗しの古城編

<<   作成日時 : 2010/01/10 17:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

二重螺旋階段が名物のシャンボール城


シャンボール城。森の中に突如現れる幻想的な美しい城。中央の塔に珍しい二重螺旋階段がある。中央階段は風水的にはよろしくないのだが、狩猟用に作られたこともあってか、王が長らく居つくことはなかった。
画像

画像


香りよき地のシュヴェルニー城。700年にわたり同一家系が相続。

シュヴェルニー城。土地の香りが良いので、風水吉地。長い歴史の間で売りに出されたこともありましたが、結局同一家系の元に戻り、現在も城主一家が生活をしているシュヴェルニー城。庭には100匹ほどの猟犬が飼われている。
画像

画像


四神相応の理に適った構造。だてに今なお城主が住むだけのことはある。
画像


水上城塞、シュノンソー城は川の上に建立。

シュノンソー城。なんとびっくり、川の上に建てられている。歴代の城主が女性だったこともあり、台所が充実している。

水上に住むのは風水的には良くない影響があるはずで、アンリ二世の愛人ディアーヌがこの城を与えられ住んでいたが、アンリ二世の没後、正妻カトリーヌが強引にこの城を奪い取ったといういわくつき。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

フランスに行ってきた(2)麗しの古城編 Kenei's Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる